こんにちは。

いしだまちこです

 

 

京都久世・JR桂川駅すぐ・阪急洛西口駅徒歩5分

アーユルヴェーダサロン

Lucky Charm(ラッキーチャーム)を主宰しています。

 

29歳からセラピストになったわたしは、肩こり、腰痛、冷え、むくみ、PMSに悩まされてきました。

寝ていても腰が痛くて眼がさめる。

足がゾウのように腫れるなんてことがあっても仕事を休まない・・・

ボディケアのセラピストなのに、自分の体に対して本当に無頓着でした。

 

そして、また心も穏やかといえる状態ではありませんでした。人間関係の悩みはつきることなく、イライラしていつも怒っている。自分に自信がなく、将来が見えず不安を抱えたままでした。

そして、気が付けば体重が数ヶ月で10キロも増えているそんな状態でした。

 

だましだまし仕事をしていたわたしの身体が悲鳴を上げたのは、サロンを開業する予定だった直前でした。

卵巣膿腫頚捻転(らんそうのうしゅけいねんてん)で病院に運ばれてその日のうちに手術をしました。

実はうすうす自分の卵巣付近になんかあるなってことには気づいていました。

それでも、まあいいやって放っておいたのです。

この手術の術前説明のとき、担当医から、「もし卵巣がだめになってたら、その時はとります」と告げられ、初めてなんかえらいことになってるのかもって思ったのです。

手術後、プレオープンでご予約いただいていたお客さまに病院のベッドの上から連絡をいれ、全てお断りし、オープンも延び、夢だったサロン開業につまずいてしまいました。

このときになって、体の重要性を考えるようになったのです。

 

わたしたちは、何かをするとき、体を使います

話すときも、食べるときも、聞くときも、香りを嗅ぐときも、大切な人に触れるときにも。

 

そのわりに、体に対して無頓着になりがちです。

だって、生まれたときから当たり前にあるものだから

あって当たり前のものだから。

 

その当たり前のものを大切にしたい

心が描いた夢を実現できる体をつくりたい

心と体はつながっているから

体が元気になれば、夢を描ける

 

描いた夢に向かうエネルギーが湧いてきます

 

そしてまた、心の悩みも体質改善が大切なのです。

 

 

アーユルヴェーダでは

「汚れた布をきれいに染めるには、一度きれいに洗ってからでないと染まらない」

といった言葉があります

 

どんなに、体にいいものを取り入れたとしても、体の中が毒素や老廃物で汚れていれば、その効果は薄れます。

自分にとって不要なものを一旦取り除き、ゼロの状態にリセットして

本来の自分の健やかな状態を取り戻し。

そのうえで、自分に必要なもの、好きなもの、幸せだと感じるものを取り入れていく。

 

いっけん、まわり道なようにも見えますが

「急がば回れ」の言葉にもあるように

それが夢を実現する近道にもつながります

 

ラッキーチャームでは、そんな幸せになるための体と心をつくるお手伝いをアーユルヴェーダ*風水薬膳の考えをを通してしています。

 

 

----------

2008年~

大阪のバリニーズサロンにてセラピストとして勤務

2010年1月~

店長として勤務

 

2012年12月 

心屋塾

心屋認定リセットカウンセリングマスター認定

 

2013年1月

サロン退職後

有給消化で訪れたスリランカで本格アーユルヴェーダに魅了される

 

2013年7月

京都四条烏丸にてサロン開業

 

2014年6月

スリランカアーユルヴェーダアビアンガ認定試験合格

 

2014年8月

サヴァホリスティックアカデミー

アーユルヴェーダセラピストコース修了

 

2015年7月

一般社団法人日本漢方薬膳協会認定

風水薬膳茶アドバイザー

 

2016年6月

一般社団法人日本漢方薬膳協会認定

風水薬膳茶師・ティーセラピスト

※風水薬膳、ティーセラピストは登録商標です。

 

 

 

以後、スリランカのアーユルヴェーダに魅せらて

年に数回スリランカを訪れ

本場でアーユルヴェーダ研修を受けています

 

2015年11月

京都四条烏丸から京都久世・JR桂川駅・阪急洛西口駅近くへ移転にともないサロン名も『space-空-』から『Lucky Charm』(ラッキーチャーム)へ変更

アーユルヴェーダセラピストとしてのみならず、風水薬膳茶師、心屋流カウンセラーとして心と体の両面から、女性をサポートしています。

 

 

これまでの施術のべ人数2,000人を超えます

----------

 

日々、大好きなお客様と一緒に、しあわせ女子への道をGoing my wayに歩んでいます。